滋賀で注文住宅、新築一戸建てリフォームをお考えなら、滋賀県東近江市(旧八日市)・栗東市の工務店「木屋長工務店」

お問い合わせ 東近江展示場0748-22-8180 守山店077-574-8373

木屋長工務店スタッフブログ

家づくりと自然災害2021.09.19

台風14号、心配していましたが、進路もそれ被害も無くホッとしています。

 

近年、地球温暖化の影響と思われる、これまでに経験したことが無いような大きな災害が発生し、各地で甚大な被害をもたらしています。

まだまだこれからも台風が発生する季節です。お互いに気を付けていきたいものです。

 

家は、人の命を守るシェルターの役割も兼ねています。

年々規模も被害も大きくなる自然災害に対し、その被害を最小限に抑えられる対策を家づくりの中でお客様に提案していくことも必要と感じています。

一つは床下床上浸水等の被害です。ハザードマップを参考に基礎を高くすることも対策のひとつです。

コストはかかりますが、住宅を守り、命を守ることを考えれば検討に値する事だと思います。

家づくりをお考えの方には、是非住まいをご検討されている地域のハザードマップを参考にしていただきたいと思います。

 

自然災害に対し、被災された家屋の復旧にいち早く駆けつけ、生活が営めるようにするお手伝いも、私たち工務店の「家守り」としての使命であると考えています。

それが、地域工務店の役割でもあり良さでもあります。

皆様のお困りごとを解決するためのお手伝いが出来るよう、今後も協力業者様との連携連帯を強化し、地域の方々から頼られる工務店づくりに邁進して参ります。

W

取材訪問記2021.08.30

気づけばもう9月が目の前です。

夏休みも終わり、学校が始まりましたね。

テレビでは高校球児たちの活躍が連日放送されていました。

ご覧になりましたか?

 

さて、実は先日、お施主様を取材させていただいたのですが、

(詳しくは完成後の誌面でご確認いただければと思います!)

お引き渡しからおよそ1年…

休日は家庭菜園や芝のお世話をされているとのことで、

室内からもお日様を浴びる緑が見えました。

 

撮影の合間の一枚を少しだけお見せすると↓

IMG_2140-2じゆう時間

今回もお施主様のご厚意で取材させていただくことができました。

ご協力いただき、誠にありがとうございます!!

お子様にもたくさん出演していただき、素敵な写真になりました!

完成が楽しみです。

 

今回のお施主様インタビューは、10月20頃発行予定です。

これまでのバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

当社のホームページでもお住まい訪問記を公開しておりますので、ぜひご覧ください!

 

広報

お盆も過ぎて2021.08.21

お盆が過ぎ、8月も残すところあと少し。

お盆の期間にお休みがあった方はどのように過ごされたでしょうか?

外出も思うようにできない状況ですので、なかなか息抜きするにも難しい休みでしたね。

また、激しい雨による土砂災害への警戒等もあり、落ち着かない毎日です。

一日でも早く、気兼ねなく出かけたり友人と会ったりできる日が来てほしいです。

 

—————————————————————————————-

さて、実は少し前にスマホ撮影用の三脚を購入しました!

まずはテスト撮影をと思い、東近江展示場を撮影。

iphoneIMG_1728-2サイズ変更

スマホのカメラと一眼レフカメラ、それぞれの違いがあって興味深いです。

上の写真はスマホで撮影したもの。

下の写真は一眼レフカメラでほとんど同じ場所、同じ時間帯に撮影したものです。

IMG_2130

明るさの調整等によってはもっと違う表情の写真が撮影できそうですが、

二枚の違いが面白いですね。

こちらではようやく晴れた空も見えてきましたので、青空も撮影してみたいです。

 

広報

 

守山店のエトセトラ2021.08.08

こんにちは。

東京五輪もいよいよ本日で閉幕

でも夏の暑さはまだまだ継続中

守山店の太陽光パネルはぐんぐん発電中

 

昨年11月に守山店に移転して半シーズン以上が経ちましたが

事務所に使用している材料に早くも経年変化が見受けられます

 

木製サッシ枠の米ヒバは外気にさらされ外壁材のデュッセルの色合いと良い具合に調和しつつあり

DSC_0007

 

造作家具のブラックチェリーの天板は飴色に深みが増しています

DSC_0008

 

あとは、庭木の成長には目を見張るものがあります

最近咲き始めたサルスベリの花

想像以上にきれいな色の花弁で、たくさん咲いていく姿が待ち遠しい限りです

DSC_0004

KW

“手のひら”を冷やして暑さ対策を!2021.07.30

これまで体温を下げる方法としては、首や脇・鼠径部(そけいぶ)を冷やすのが良いとされてきましたが、最近では、手のひらを冷やすことが効果的と言われているそうです。

手のひらには体温調節を担うAVA血管という特殊な血管があり、この部位を冷やすことで冷えた血液が体内を巡り、体の中心部の体温を下げることができます。

ただ冷やせばいいというわけではなく、適温は“10~15℃”だそうです。

冷たくしすぎると血管が収縮して血流が悪くなり、かえって適切な効果が得られなくなってしまうので注意が必要です。

熱中症リスクが高まる夏場の屋外での作業や運動前に手を水に浸ける、合間にはペットボトルを握ったりと、手のひらを冷やすことで体温上昇を抑えることができます。

いよいよ夏本番です‼熱中症予防の一つとして、お試しください!

ひまわり